【縁の下の力持ちシリーズ第2弾!】チーム・刺激・成長をキーワードに。十分なキャリアでも現状に甘んじないスーパーアシスタントをご紹介!

はたらく仲間

ということで、縁の下の力持ちシリーズ第2弾はこちら、11年のキャリアを持つ営業アシスタントのTAさんにお話を聞いてみました。

I・N
なつみ

きっとTAさんのことですから、「たいしたことやってないよ」と煙に巻かれそうでしたので、一部の社員から、TAさんの素敵さについて、声を拾ってきました。

A・T
TA

あはは!たしかに。でもありがとう。

  • 営業目線を持ってくれている。売上目標の達成を一緒に喜んでくれる。(営業)
  • 原稿(求人広告)に対しても、営業目線でチェックしてくれて、本当はこうしたかったのでは?と、確認し原稿制作担当(原担)に差し戻してくれる。(営業)
  • 困っている営業を見つけては、「何か手伝おうか?」ではなく、「それやれるよ!」と声をかけてくれる。(営業)
  • どんな対応をしたら営業さんが助かるか・嬉しいかをいつも考えて行動している。先回りしていろんなことを対応している。(アシスタント)
I・N
なつみ

営業職と同じ目線でサポートしてくれるという声がたくさんありますね。

A・T
TA

業績が上がることや、結果が数字で見えることは好き。

自分の評価に直接つながらなくても、良くなったんだ、前に進んだんだということはモチベーションになります。

昔担当していた営業さんの業績が伸びて、粗利王として賞賛された姿を見た時は、本当に嬉しかったです。キャリアに関係なく、目標達成したとか、新規受注が決まったとか聞くのも嬉しいです。

  • 安心感が半端ない。営業のミスを見逃さずフォローしてくれる感があります(営業)
  • 指示が正確、抜け漏れがないチェック力、不明点をすぐに確認してくれるスピードさ。指示がわかりやすいのでこちらとしては迷わずに対応ができます。(制作)
  • 営業本人がいないときでも、どんな状況でいつまでに対応できるかなどスムーズに応えてもらえる。(受注)
I・N
なつみ

一方でミスが少ない、指示・報告が的確という声もあります。

A・T
TA

ここは役割だと思っています。

外で戦っている営業さんを内から守る城壁となって、思う存分戦いに集中してもらえる環境を整えることが役割だと。

I・N
なつみ

戦いって…(笑)例えが…(笑)

ミスが少ないっていうのは性格ですか?

A・T
TA

性格ではないと思います。

自分の性格ではミスをしない自信がないから、ミスをしないためのフローを細かく作って、それを徹底しています。

I・N
なつみ

ここ数年で、アシスタントの部署がチーム(組織)として大きく成長しましたよね。

A・T
TA

そうですね。少ない人数で協力して仕事をするということが求められました。

I・N
なつみ

TAさんのこのような仕事の進め方やスタンスはアシスタントチームに大きな影響を与えたのではないですか?

A・T
TA

そうだといいですね。チームのみんなの協力を得て、取り組んだことも多かったと思います。組織のレベルを平準化していこうと。

そのころから、「自分だとこう考えるけど、経験の浅い新人だとどうなのか?」とか、「ベテランの営業さんだとこう仕事を進めるけど、若手の営業さんだとどうなのか?」という視点で物事を考えるようになりました。

I・N
なつみ

すぐに成果の出ることではないですが、長い目で見た時に、レベルの底上げはとても重要ですよね。

  • 営業・アシスタント間で円滑に仕事を進めるためにどうすればよいか、随時アドバイスをしてくれるところがいつも頼りになります!(営業)
  • アシスタントとしてだけではなく、社会人の先輩として仕事の進め方などへのアドバイスもくださるところも頼っています。(営業)
  • 時には厳しいときもあるけども、自分では気づけないことをちゃんと指摘してくださって、本当にありがたいです!(アシスタント)
  • 十分なキャリアにもかかわらず自分にもちゃんと課して成長し続けるスタンスで仕事をしています。(アシスタント)
I・N
なつみ

ここまでくるとアシスタントの領域を超えてる部分もありますね。鉄人に見えてきた。

仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

A・T
TA

一人では体験できない喜びや苦労、刺激や成長、達成…そんな感じかな、うーん。人と関わることで、自分だけでは得られないものや経験できないことができると思って働いてます

I・N
なつみ

そういえば、社内で表彰された仕事のアシスタントを担当したとき、面白かったって言ってましたね。

A・T
TA

うん。大変だったけど、振り返れば面白い経験でした。

I・N
なつみ

どういったところがですか?

A・T
TA

一つは伝説の営業といわれた部長の新規開拓の凄さを見れたこと。

KPIを達成しても休憩しないし、スケジュールをきつきつに詰め込んでるのに、ちょっとの合間にさらにテレアポするし。

そのストイックさに刺激をもらいましたね。

I・N
なつみ

貴重な姿ですね。他には?

A・T
TA

前例がないことに一から取り組んだので、毎日不安…いや、刺激だらけでした(笑)

苦労も多かった分、チームとして結果を出せた時は、メンバーの一員として一緒に喜べるのは本当に嬉しかったです。

当時の上司が、刺激を求めてた私にチャンスをくれたのかもしれないな、と今さら思ったりもしてます。

I・N
なつみ

へえ。「協業」「刺激」。これが根っこですか!

A・T
TA

いや、根っこは別にある。

私、プライベートは真逆なんです。人付き合いは狭く狭くだし、だらだらするのも寝るのも大好きだし。

さすがにいつもそうだと自己嫌悪に陥りそうなので、仕事をすることで自分を動かしてるんです。

I・N
なつみ

そうだとしたら、仕事とプライベートのギャップ、すごくないですか!?

A・T
TA

そう(笑)仕事はオンモードだから、思いっきりスイッチ入れてます。

I・N
なつみ

なるほど、そうですよね。仕事は仕事ですもんね!(笑)

TAさんのアイコンは「アロマティカス」という多肉系ハーブの植物です(TAさん私物)。

花言葉は「友情」と「沈静」。人想いで人情派な部分と、冷静さを備えたTAさんにぴったりかな、なんて思いました。

「縁の下の力持ち」というと、目立たない存在という意味合いもありますが、TAさんの仕事、TAさんの存在はタイキにとって、とてもとても価値が大きいなあと、改めて感じさせてもらいました!