Fプロから初受注のご報告です!(前編)

はたらく仲間

タイキでは新卒入社すると、まずは「Fプロ」と呼ばれる育成チームに配属されます。

※中途はFプロに一緒に配属されることもあれば、各部署でOJTから始まることもあり、入社時期や経験によって異なります 。

2~3人で1つのチームになり、各チームには育成担当のリーダー・課長が専属でつきます。

そこでこの仕事の基礎である「お客様探し」をするわけです。いわゆる新規営業ですね。

直接足を運んだり、電話をかけてお時間をいただいたり…

思いっきり断られたり、お茶を出してもらって嬉しくなったり…

ご契約いただいたお客様と営業には、1社1社それぞれにドラマがあります。

いま活躍している先輩たちはもちろん、営業職ならだれもが通る道。

そして…今年の新卒たちも無事に全員初受注を迎えました! おめでとうございます!

そこで前後編にわけて、19新卒たちの人生で1回しかない「初受注」エピソードをお届けします!

次のごはんは何を食べるか、毎日考えてます みなみ

米の国出身なので、ごはんが大好き!

同行した先輩指導のもと、お伺いしてからすぐに原稿案を納品。

なかなか連絡がつかないお客様に対して、

Iさんが粘り強く「原稿見てくれましたか?」と繰り返しご連絡した結果、

コンペに勝利し、見事初受注となりました!

担当者の方いわく、「他社と迷ったものの、押しの強さと対応スピードの速さで決めました!」とのこと。

見かけによらず粘りが強いみなみさん。初受注から「押しの強さ」を認められました。

いつも笑いながら電話をしている姿が印象的。今後が楽しみです。

スポーツチャンバラ世界2位!(幼稚園時) けらち

大学ではラクロスに励んでいました。

効果がなかなか出ていないということで訪問した少し高価な女性用下着屋さん。

Fプロ課長が商談に同行し、3日間連続で(3日目は1人で訪問!)足を運びご発注を頂きました!

「新人だと分かっていたけど、素直さや一生懸命さが伝わってきたのでアポイントをあげました。」とのこと。

営業としてのアドバイスをいただいたり、息子のように可愛がっていただいています。

誰よりもひたむきに数多くの電話架けているけらちさん。

こうやってけらちさんを待っているお客様は必ずいるはずです。

その可能性を少しでも大きくするために今後も継続して頑張ってほしいと思います。

週1でタピオカを飲んでいるらしい? もとこ

タピオカ大好きガールです。

研修中に出会った、渋谷駅の目の前にある雑貨屋さん。

電話では「求人考えてないから…」と断られたものの、半月後に再度連絡すると、「実は貼紙で採用できなくて困っているんだよね」とのお声をキャッチ!

お客様から、「飛び込みで来た時の笑顔が素敵だったので、もとこさんのこと覚えてました!」というお言葉もいただけました。

断られても定期接触を続けることと、明るく元気にお客様に接することで、見事、受注に結び付けました。

お客様から「ありがとう。」のアンケートも頂き、無事採用成功もすることが出来ました!

「めっちゃうれしいです!」と早くもこの仕事のやりがいを味わえた素敵な瞬間でした。

う~ん、フレッシュ!!

それぞれのメンバーがお客様と良い関係を築けているようですね。

新人には知識や経験はありません。

それでも新人に求人を任せてくださるお客様はそこを期待しているのではないと思います。

(もちろんひとり立ちできるまでは先輩が同行し、知識面のサポートをします。)

今回ご紹介した3名はみんな「一生懸命さ」「ひたむきさ」を評価してくださったお客様ばかりです。

真剣に取り組んでいることが、相手にちゃんと伝わったのですね。

次回は残り4名の初受注エピソードをお届けします!お楽しみに!