【営業対談】部署異動して活躍する ほりちゃん×のみちゃん

はたらく仲間

こんにちは!人事部のはせまみです!

今回は、部署異動して新天地で頑張る営業にスポットを当て、大手セクション「ほりちゃん」とHRセクション「のみちゃん」の対談企画です!

同じ社内でも、部署が変われば働く環境・働き方も変わるもの。それを経験した2人に、実際に異動してみて変わったことや学んだことetc…色々と聞いてみました!

入社のきっかけ

はせまみ
はせまみ

本日はよろしくお願いします!まずはお二人の社歴と入社のきっかけを教えてください!

ほりちゃん
ほりちゃん

2015年4月に新卒入社をして、6年目になります。

大学時代は、経営学部 商学科で旅行の企画などを学んでいたので、旅行会社を中心に就活していたんです。いいところまで行った会社もあったんですけど、最終選考で落ちてしまって、旅行は趣味でいいかなと、別の仕事も見るようになりました。

旅行に限らず何かを“企画提案する”という意味で、他の営業職も見始めて、中でも「広告業界」はかっこいいイメージがあったので(笑)、選考を受けてみました。

はせまみ
はせまみ

広告=かっこいいイメージで受けてみた!っていう人は多いよね!せきさんもりたさんもそう言ってたな。(笑)

新卒入社6年目 大手セクション「ほりちゃん」
ほりちゃん
ほりちゃん

あとはやっぱり、会社の雰囲気の良さですね~。新卒が100人位入社する大手のメーカーにも内定をもらっていたんですけど、大人数過ぎて、「ちゃんと自分を見てもらえるのかな…」と不安で。

タイキは、成長や成功を称賛しあう「拍手と握手の文化」があったり、説明会で色々な先輩に会わせてくれたり、無機質そうな大手の会社との差を感じて、最後はその雰囲気の違いで決めましたね。

はせまみ
はせまみ

なるほど~!のみちゃんは入社して何年目でしたっけ?

のみちゃん
のみちゃん

僕は2017年に中途で入社をして、4年目になります!

はせまみ
はせまみ

のみちゃんは以前もハレタイで取り上げられていましたが、元々アパレルの販売員だったんですよね!自分が成長できる場所を求めて転職したと言っていましたが、それがどうしてタイキだったんですか?

のみちゃん
のみちゃん

アパレル販売も楽しかったんですけど、「売って終わり」なのがなんだかむなしいなって思うこともあったんです。だから、もっと世の中の役に立てる仕事はないかと。

あとは、アパレルで、人が定着せずどんどん辞めていくのを目の当たりにしていて、人手不足で僕自身も20連勤しなければいけないこともあったんです・・・。それで、「人材」の仕事なら社会に貢献できるんじゃないかと思ったんですよね。

僕も、大手2社くらいから内定をもらっていたんですけど、面接官の現場マネジャーが詰めてくるようなタイプだったり、みんなで頑張るというよりは個人プレーで頑張るタイプの会社で。

タイキの選考は、時間をかけて、たくさんの人に会わせてくれて、その中で社員の人柄や社風が見えて。この環境なら未経験でも一から成長できるんじゃないかと思いました。

はせまみ
はせまみ

やっぱり最後の決め手は、会社や従業員の雰囲気だったんですね。タイキに入社を決めた人はみんな、口を揃えて言ってくれます!

中途入社4年目 HRセクション「のみちゃん」

入社から今の部署に至るまで

はせまみ
はせまみ

入社してからこれまでにどんな経験をしてきたのか教えてください!

ほりちゃん
ほりちゃん

新卒で入社してから、半年間は新卒育成チームのFプロで育成をしてもらいました。Fプロ卒業後、2015年10月~2019年12月末までの約4年間は、港エリアサービスという港区のお客様を中心に営業する部署に。その後、2020年1月から大手セクションに異動になりました。

はせまみ
はせまみ

えっ!まだ大手にきて1年なんだね!私の中では、もうすっかり「大手セクションでバリバリ活躍している営業マン」ってイメージだった!

ほりちゃん
ほりちゃん

そんなことないですよ!(笑)

はせまみ
はせまみ

のみちゃんのこれまでも教えてください!

のみちゃん
のみちゃん

中途で入社して、最初の4ヶ月は新宿エリアサービスに配属されました。このときは、はせまみさんも、ほりちゃんさんもいましたよね!

はせまみ
はせまみ

あぁ、そっか!エリアで3人揃っていた時期ありましたね~!

のみちゃん
のみちゃん

その後、2017年10月からFMセクションに配属になって、2年半在籍しました。今のところ、ここが1番長かったですね。

その後、半年間、はせまみさんとも一緒にFプロで育成マネージャーを経験しましたね!そして2020年10月からHRセクションに異動になり、今に至ります!

はせまみ
はせまみ

二人とも、異動を聞いたときはどんな気持ちでしたか?

ほりちゃん
ほりちゃん

めちゃめちゃびっくりしましたね!(笑)

4年間ずっと港エリアサービスで営業していて、自分には異動は無縁だと勝手に思っていたんで。「大手セクション」っていう名前の通り、大手のお客様を担当することになるので、漠然と「自分にできるのかな?」って不安でしたね。

のみちゃん
のみちゃん

実は、HRセクションに異動したいなという気持ちはずっとあったので、異動を聞いたときは嬉しかったですね。

仕事をしていくうちに、「店舗の悩みを解決したい」という気持ちから、「もっと経営課題に深く関わって、お客様のお手伝いができるようになりたい」という気持ちになっていったので、正社員領域のHRセクションで営業したいと思っていたんです。

はせまみ
はせまみ

不安だったほりちゃんと、嬉しかったのみちゃんと、それぞれ感じ方が違ったんですね!

実際に異動をしてみて

はせまみ
はせまみ

実際に異動をしてみて感じたことや、前の部署との違いなどを教えてください!

ほりちゃん
ほりちゃん

港エリアサービスのときは、店舗や中小企業のお客様を、100~200社くらい担当していたんです。「アルバイトが辞めちゃったからすぐに求人掲載したい!」というお客様も多くて、スピード感を持ってお手伝いしていく営業スタイルでした。

大手セクションでは、特定の大手顧客を10社くらい担当しています。スピード感のある対応や、細やかなサポートを求められる瞬間もあるので、それはエリアサービス時代の経験を活かせているかなと思います。

エリアと違うことは・・・、大手のお客様は、個社ごとのルールや課題感が強くあったりするので、そこに則りながら、狭く深くすすめていくイメージですかね。

はせまみ
はせまみ

お客様の課題を解決できた、印象に残っているお仕事ってありますか?

ほりちゃん
ほりちゃん

アパレルの軽作業(検品・梱包)をやっているお客様がいるんですけど、国内に倉庫が30ヶ所くらいあって、1拠点100人以上のスタッフを抱えているんです。採用しては抜け、採用しては抜けなので、各拠点でタウンワークを2週間に1回、大きなスペースで掲載して・・・というのを繰り返して、採用にかなりのコストがかかっていました。

でも、そのお客様の中で、倉庫部門・企画部門・運送部門・・・と各部門で分かれていたグループ会社の連携を強化して、どこかの会社に頼めば全ての工程を一括で受けられる状態を作ろうという流れになって。そのためのシステム導入などにコストをかけたいから、採用費を削減したいというご要望をいただいたんです。

そこで、中長期的に掲載できるIndeedなどをベースにして、スポットでタウンワークなどを使用していく提案をし、掲載費用は75%に、応募数は360%に増やすことができました。お客様からもよりご信頼いただけるようになって、今では募集発生時はほぼ僕にご依頼いただけています。

はせまみ
はせまみ

へぇ~!すごい!それはお客様にも喜んでいただけだだろうね!

ほりちゃん
ほりちゃん

あとは、大手のお客様は、既に主要な求人メディアは使っている中なので、Indeedとか、求人ボックス※1 とか、Refcome(リフカム)※2 とか、色んなものを勉強して、幅広い提案をしていますね。そこは、上長のほどさんがプロフェッショナルなので、たくさん教えてもらっています。

でも、本質は変わらないですね。スケールの大きな仕事もありますけど、原稿を改善してみると目に見えて効果がよくなって、1件1件の効果改善でも、ちりつもで全体の効果の底上げになったりするので。

※1求人ボックス・・・カカクコムが運営する求人に特化した検索エンジン。

※2 Refcome(リフカム)・・・社員の友人・知人を紹介してもらうリファラル採用を可視化・運用するツール。

お客様の採用コストを75%にカット、応募数は360%増に成功!
はせまみ
はせまみ

お客様の課題を解決するための基本的な考え方は一緒なんだね。のみちゃんはどうですか?

のみちゃん
のみちゃん

FMセクションではアルバイトの募集をすることが多くて、例えば居酒屋のホールスタッフとか、コンビニのレジスタッフとか、「未経験OK!」「とにかく応募数を集めたい!」というお客様も多かったんです。

一方、HRセクションでは、社員募集がメインで、募集する職種は同じでも、「こんな資格・経験がある人が採用したい」とか、「会社としてこの先こんな目標があるから、そのためにこんな人を採用したい」とか、お客様によって求めているものが全然違うんですよね。

だから、お客様の描いている姿をより理解して提案することの大切さは学びましたね。

はせまみ
はせまみ

やっぱり、社員採用に携わると、お客様の経営課題に触れる機会も増えてくるんですね!そんな仕事ができると楽しいでしょうね!

お互いのイメージ

はせまみ
はせまみ

ほりちゃんとのみちゃんって、普段あんまり関わっているイメージがなかったんですけど…それぞれどんなイメージを持っていますか?

のみちゃん
のみちゃん

「イケメンだな~!」って、エリアで一緒だったときからずっと思ってますね~

ほりちゃん
ほりちゃん

嘘やん!(笑)

のみちゃん
のみちゃん

いや、ほんとですよ!あと、頼りがいがある。実は、普段からも結構関わっていて、わからないことをたくさん聞いてます。タイムラグなく、すぐに的確に返してくれて、いつも安心感を持って相談できますね。イケメンで仕事ができる先輩です!

ほりちゃん
ほりちゃん

(笑)

はせまみ
はせまみ

ほりちゃんからのみちゃんのイメージは?

ほりちゃん
ほりちゃん

ひょうひょうと仕事をしているイメージですね。努力を見せないけど、新規の案件もたくさんとってきたり、大手のお客様からもアポイントをいただいていたり。大手のお客様って、そもそもアポイントにこぎつけるのが大変だから、本当にすごいなって思います!

はせまみ
はせまみ

確かにのみちゃんは、たんたんと弱音もはかず、ストイックに仕事に向き合っているイメージです!Fプロマネージャーを一緒にしていたときもすごく助けられました!大手のお客様からアポイントをいただくまでには、どんな背景があったんですか?

のみちゃん
のみちゃん

自分本意な営業をするのではなく、丁寧に説明して、本当にお客様の役にたちたいということをしっかり伝えたんです。そしたら、「これまで電話をしてきた営業と違って、ちゃんとうちのことを考えて提案してくれそうだから、会ってみようと思った。」と言っていただけました。

まだ実際にお仕事をいただけたわけではないんですが、定期的にご訪問していて、前向きに検討していただいている状態です。これからも、新しいお客様との出会いの機会は積極的に作っていきたいと思っています。

はせまみ
はせまみ

いつになっても、新規のお客様を自分で開拓し続ける姿は、本当にかっこいいですし尊敬します!

ほりちゃん に質問しにいく のみちゃん

これからの目標は?

はせまみ
はせまみ

お二人のこれからの目標を教えてください!

ほりちゃん
ほりちゃん

自分の力で、大手のお客様を新規開拓することです。

先日、大手の新卒採用担当の方にアポイントをいただけて、説明会用のパンフレットや合同説明会で配布するツールの変更についてご相談をいただきました。採用コンセプト・ターゲット・ツールの中で伝える内容など、全てに一貫性を持たせなければならないので、協力会社さんなどにも手伝ってもらいながら、提案しています。ご契約いただけるように頑張ります!

あとは、営業目標を達成したいですね。大手のお客様を担当していると、仕事の規模が大きいので、自分の働きで今まで以上に会社に貢献できるし、その逆もあります。プレッシャーもありますが、お客様からご信頼いただける仕事をすることで、結果的に会社にも貢献できればいいなと思っています。

のみちゃん
のみちゃん

お客様の悩みにしっかり踏み込んでいって、「採用のパートナー」を超えて「経営のパートナー」になりたいと思っています。

あとは、僕も自分の営業目標は達成したいですね。「異動してきたばかりでもできるんだぞ!」という姿や、知識・経験を積んで成長していく姿を見せて、HRセクションに刺激を与えられる存在になりたいです。

お客様の「経営パートナー」になりたいというのみちゃん。

異動とは

はせまみ
はせまみ

最後に、お二人にとって、この部署異動はどうだったのか聞かせてください!

ほりちゃん
ほりちゃん

結果論ですけど、異動できてよかったなって思ってます。

成長・変化を同じ部署でし続けるのって結構難しいことだと思うんです。でも僕は、この異動の機会で、お客様も、上司や同僚も、営業の仕方も変わって、今までやってきたものが通用しなくて、自分の変化が必要に迫られることもありました。

荒療治ではありますけど、それが成長のきっかけになったので、異動できてよかったなと思いますね。

のみちゃん
のみちゃん

もともと希望していたので、単純に嬉しかった、よかったという気持ちはありますね。

あと、部署が変わったとしても、一緒に働く人の良さは変わらなくて、HRセクションのメンバーも良い人ばかりですし、FMセクションのメンバーにも相談できるし。

新しいことを学ぶことができて営業としての提案の幅も広がるし、それによってお客様との関係性も深まるし、良いことが多いと思います。

はせまみ
はせまみ

私も、違う部署で働くお二人にお話が聞けて、とても勉強になりました!今日はありがとうございました!

最後に。

異動して新しい環境で頑張る二人にお話を聞き、二人とも、異動をとても前向きに捉え、自分の成長やお客様への貢献に繋げているのだなと実感しました。そして、二人とも自分のことだけでなく、会社全体への影響も意識しながら、日々働いてくれていることにとても感心しました。

二人の今後の活躍を、ますます期待しています!