部署・キャリア問わず営業が選出!「タイキべスプラ」が開催されました。

文化

こんにちは。あーちゃんです。

今回は2020年9月8日に開催された「タイキベスプラ」についてご紹介したいと思います。

3ヶ月ごとに開催され、タイキらしさが詰まったイベントであるこの「タイキベスプラ」ですが、今回は若手、中堅、ベテラン、ワーママと多種多様な営業が選出され、発表を行いました。

そもそもタイキベスプラとは?

タイキべスプラに関しては、過去のハレタイ記事でもご紹介しました。

ぜひこちらもお読みください。

十人十色。様々な仕事

オンライン開催2回目となる今回。若手、新しい世代が台頭した前回とは異なり、

今回は若手(エリア)から中堅(大手・FM)、ワーママ(RB)と各部署から幅広い世代の営業が選出され、プレゼンテーションを行ったのが特徴的でした。

まず1人目はFMセクションけんと。2016年4月に入社。2019年にはFプロの育成マネージャーも務め、20年には課長代理に昇進。営業としては新規営業で実績をあげ、過去のベスプラや、リクルートジョブズ主催のシェアナレでも入賞実績ありの中堅の成長株です。

お客様は、東京・神奈川・千葉で地域密着型の経営を行うスーパーマーケット。レジを派遣から自社雇用へ切り替えることで、お客様の強みである接客の質をあげることに寄与し、また、人件費の削減も実現できました。

1年以上かけて効果を出し続け、信頼を獲得したことで、さらに踏み込んだ部分まで提案が出来、今回の仕事につながったそうです。お客様自身も初めてのチャレンジで、当初は採用出来るかどうか不安視もされていたものの3店舗で採用が出来て満足してもらえ、これを機にIndeedでのレジ募集のご依頼をいただくなど取引が広がるきっかけにもにもなったとのこと。

潜在ニーズを抽出し、採用成功、経営課題の解決、マネタイズを成功させた点が素晴らしい仕事です。

ベスプラや、リクルートジョブズ主催のシェアナレでも入賞実績ありの中堅の成長株、けんと。20年には課長代理に昇進。

2番目は、エリアサービスのJAMくん。19年9月入社。入社後まもなくして行われる顧客接点拡大キャンペーンでは堂々の1位を獲得。その後も社内の新規王に輝くなど、いくつかのタイトルを獲得してきた期待のホープが、初のべスプラ選出、発表となりました。

都内にオープンして4年。子犬・子猫の販売のほか、トリミング・ドッグスパ・ペットホテルを展開するペットショップが今回のお客様。

オーナーの体調不良や在籍するトリマーの退職により、トリミング業務に手がまわらない状態が続いていました。事業の継続のためになんとしてもトリマーを採用したい。「誰も採用できなかったら、お店を辞めようかな…」とまで言われたそうです。

採用ホームページは未保有。オウンドリクルーティングに対するリテラシーが高いとは言えないお客様を巻き込み、採用難職種であるトリマーの採用をIndeedを活用することで実現できました。

オーナーはこういった状況下で、実は何度も閉店しようか悩みながら営業してきたとのこと。無事に採用ができてお客様からもとても感謝されたそうです。また、この採用成功がきっかけで、不振だったタウンワークを関連別法人でご利用いただき、136件の応募により4名採用することができたとのこと。

「ホームページ上で何を伝えれば良いのか?」「事前にどのようなデータを確認し全体設計すれば良いのか?」など、沢山のノウハウが詰まっている、非常に進取性・汎用性共に高い仕事でした。

顧客接点拡大キャンペーンでは堂々の1位を獲得。その後も社内の新規王に輝くなど、いくつかのタイトルを獲得してきた期待のホープ、JAM。

続いては、15年4月入社。大手セクションのなかじ。飲食業界を中心に当社のトップクライアントを担当しています。

今回選出されたのは国内最大級の出前ポータルサイトを運営・管理するお客様での仕事。

事業の拡大、配送効率の向上を目指すにあたって、新規出店を進めていく必要がありましたが、今後さらに加速して新規出店を行うには、人員獲得が追いついていないのが現状でした。

そこで、大手セクションでの仕事を通じて得た知見をしっかり活かし、提案を実施。多店舗展開しているお客様に対し、枠商品を使用して店舗ごとの採用難易度を導き出し、適正な予算配分を行いました。

まさに、多店舗展開を行うお客様に対するお手本ともいえるような採用手法を実現し、以前の求人広告代理店からの採用プランでは10,000円だった応募単価を、5,000円以下に抑えることができました。

当初、リクルートの媒体不信だったお客様が、期待する以上の成果を出せたことにより、お客様内でのリクルート媒体への信頼回復が出来、タイキとの取引金額も拡大しています。

飲食業界を中心に当社のトップクライアントを担当している、大手セクションのなかじ。

最後は、RBセクションなつみさんです。

なつみさんは5年4月入社。仕事も育児もバリバリこなすワーママです。

お客様は、モバイルショップを、全国展開している企業。

14年に大手家電量販店のグループ会社に、17年に他事業部を吸収分割しているこのお客様は、3つの会社の文化・価値観が混在していました。

それでも新卒100名採用を実現させるために、必要なことを下記の2つに定め実行していきました。

・採用チームのチームビルディング(チームワークと成功体験)

・なつみさん自身が最後まであきらめない。チームの誰よりも考え動くこと。

結果、エントリー数は昨年の1.8倍、説明会動員数は昨年の2倍と大きく伸ばし、無事に100名の内定式を迎えられそうです。

お客様にとって初めてとなる大規模インターンの成功は社内でも話題になり賞賛され、採用チームが社長賞銀賞を受賞。社長をはじめとし全社一丸となって採用に関わるようになり、採用と育成への改革、投資が進んでいます。採用チームのメンバーは「学生をお客様としてびくびくして扱うのではなく、自分たちの想いに共感してくれる同志を募っていくことや学生にワクワクしてもらう企画を考えることがとても楽しい」と話してくれているそうです。まさに、チームビルディングから携わり採用力を高め、会社が一つになった仕事でした。

この仕事についてなつみさんに伺ったところ、以下のように語ってくれました。

「今回のお仕事は採用課題が事業課題に直結している仕事でした。採用が変われば会社が変わると一言で言ってしまえば簡単ですが、採用の課題は様々です。今回の課題は採用チームそのものでした。採用チームの意識・行動が変わることが会社全体に影響を与え、そして更なる成長に繋がっています。来年100名の新卒社員が入社したら、このお客様の店舗運営は大きく変わっていくこととなるでしょう。その舵をとれたことは私にとって視野が広がる大きな体験となりました。」

仕事も育児もバリバリこなすワーママ、RBセクションのなつみさん。

最後に。

私たちは、求人広告を通じてお客様が成し得たいことを実現させる事業を行っています。同じ求人広告の営業でも、提案内容もその成果も、それに携わる営業次第で千差万別です。採用面接に来ていただく学生や転職活動中の方にお会いすると、「この仕事のやりがいは?」とよく聞かれます。

そんな時、「この仕事を通じてお客様の事業成長に寄与できた時です。」といつも私は答えています。

「タイキだから実現できた」

「タイキさんにお願いして良かった」

今回のタイキべスプラをきっかけに、そんな仕事がもっともっと増えていくと嬉しいなと思っています。