【部署紹介】 お客様の「採用力」を高め、「採用成功」をともに実現するパートナー <RBセクション>

はたらく仲間

新卒採用の領域を担うRBセクションでは、「リクナビ(=RB)」をはじめとしたさまざまな手法で採用成功の実現に向けて顧客伴走を行っています。そんなRBセクションを牽引するマネジャーのカッさんに、今回はお話をうかがいました!

もともとは自分ひとりだけの組織だった

I・A
あーちゃん

タイキで「リクナビ」といえば、誰しもが、カッさんの名前を思い浮かべます。ひとりで多くのお客様を担当し、繁忙期には遅くまで仕事をされていたのを記憶してます。

カッさん
カッさん

そうですね。部署として立ち上がっていたものの、数年間は自分ひとりの部署でした。

2016年に、自分とワーママふたりとで「RBチーム」として組織化した際に『お客様の「採用力」を高め、「採用成功」をともに実現するパートナー』というビジョンを掲げました。このビジョンは自分がもともと志として持っていたものを言葉にして、二人に賛同してもらいました。

I・A
あーちゃん

素敵なビジョンですね。どのような考えからこのビジョンに至ったのですか。

カッさん
カッさん

リクナビは一般の企業が学生とのタッチポイントをつくるうえでは非常に優秀な媒体。このリクナビを集客の起点として提案し、お客様の採用に営業がより深く入っていく、具体的にはお客様の採用力強化や採用実務の支援までをもやっていきたいという考えがあります。

I・A
あーちゃん

確かに。リクナビは学生との接点をつくる点には長けてますもんね。更にそこから先のプロセスまで強化できれば、採用成功にぐっと近づきますね。

きっかけをくれたのはお客様

I・A
あーちゃん

先ほどのカッさんの考えにもありましたが、RBセクションはリクナビをメイン商材としながらも、採用成功に向けて必要なものがあればリクナビ以外のものもご提案していくという印象があります。

カッさん
カッさん

もともと媒体提案だけでは面白くないし、お客様にも価値提供できないとは感じていたんです。なので、メイン商材の「リクナビ」だけではなく、お客様の採用成功に寄与できるものであれば、どんなものでもご提案していました。

I・A
あーちゃん

RBセクションは、いち早くそういった視界をもってお客様に提案をしていたという印象ですが、特別な背景があるのでしょうか?

カッさん
カッさん

リクナビ、マイナビとの差がなくなってきたことで、リクナビをただ単に提供していくだけではお客様から選ばれにくくなってきました。

また、新卒採用は年間通して行っていく活動なので、よりブランディングが重要になってきます。他社にはないお客様自身の強みを言語化して、それを採用パンフレットや動画といったツールに落としていくことも採用力を強化していくうえで必要となってくるので、そういったことにも入り込んでいきたいと思っていましたし、そうしてました。

I・A
あーちゃん

お話を聞くまではRBセクションはリクナビをメインでご案内している組織という印象でしたが、皆さんが見ている視界は全然違うんですね。様々な協力会社と協業したり、商材を広げていったりということについて、自分はまだ経験も浅いので、ただただすごい!と感じます。

そういった環境ってどのようにして生まれているんでしょうか?

カッさん
カッさん

今は、採用手法が多様化していることと、時期によっては19・20・21卒といったように三世代同時に採用活動をしなければならない状況が起こりえます。

そうなると人事部門が繁雑化して疲弊化しているので、人事がやらなくてもいい部分は外に出し、コア部門に集中したい!といったお客様ニーズが高まってきています。

I・A
あーちゃん

改めて、ビジョンの内容を含めカッさんがこのような考えに至ったきっかけがあれば教えてください!

カッさん
カッさん

飲食店を全国展開している上場企業の社長にお会いしたときのことです。もともと商社出身の社長なんですが、商社時代に主流部門から外れて食品部門に異動になり、であれば自分のやりたいことや面白いことを追求しないと意味がないという考えに至ったそうです。

当時RBセクションをひとりでやっていた自分の心に社長の言葉がスッと落ちてきました。自分のやりたいことや面白いと思えることをやろうと、ふっ切ることができたんです。

新たなお客様との出会い、自身の考えがより確信的なものに。

カッさん
カッさん

今から5、6年前に大手進学塾のお客様をご紹介いただきました。成長意欲が旺盛で、採用にも非常に力を入れている会社でした。ちょうど、新卒もやりはじめたばかり。

リクナビだけではなく、不足していた採用広報物についても携わりました。当時は、まだ当社には社内リソースがなかったので外部のブランディングを手掛けるパートナー企業と一緒に仕事をしました。

I・A
あーちゃん

そういったことも手掛けていらっしゃったんですね。

カッさん
カッさん

クライアントが言語化できていないその企業の良さを抽出して、世の中や学生に発信していくコンセプトづくりの仕事が面白いなと感じました。そのコンセプトづくりを起点に仕事がどんどんと広がっていき、外部企業の選定を代理で行ったりするようにもなりました。

自分がその企業に入り込んでハブになり、その企業が必要なものに対し、各プロフェッショナルを招き入れて一緒につくっていくということをやりはじめた時期でした。

I・A
あーちゃん

「採用のことならまずカッさんに相談しよう」と思われるような存在だったんですね。

カッさん
カッさん

はい。採用に関することがあれば、まずは相談してもらえるコンシェルジュ的な立場でありたいと思っています。

いまでは5人の組織に

I・A
あーちゃん

ひとりでやっていたときと今とでは、違いはありますか!?

カッさん
カッさん

全然違うね!

I・A
あーちゃん

組織が大きくなったことで「大変さ」が増したのでしょうか?

カッさん
カッさん

大変さよりも、楽しいことが増えました。ひとりでやっていたときは、達成できたり、新たな契約をいただいたりした際に、喜びを分かち合う人もいなかった。仲間がいるというのは大きいです。

I・A
あーちゃん

個人的にはカッさんの視界がとても好きです。営業にとって、お客様を向いて必要なサービスを提供し、その結果採用成功に至るという視点や、想いは大事だと思います。またそういった視点が必ず、何か新しいサービスや商品を生む原動力になっていくと思うんです。

カッさん
カッさん

一方で、ちょっとマニアック過ぎるかなとも思います。メンバーからすると商材決めて、提案方法やご案内するお客様を定めて動いたほうがやりやすいし、売り上げも立てやすい。今やっていることは、要望に合わせてベンダーや業者を探すなど、個社ごとにカスタマイズした提案をしているので汎用化がしにくい。今後、これらをいかに汎用化していくかをリーダーであるヤスとともに考え、進めています。

どちらかというと自分は、商品ありきというよりかは、課題ありきで色んなものを提案してきました。それだと一個一個に手間がかかりすぎてしまうんです。

I・A
あーちゃん

商品ありきではない営業や、新たなパートナー会社の開拓など、ヤスがこの年次でこのような経験を出来ているというのは羨ましいですね。

チーフの大ちゃんは、プレイヤーとして営業もしながら、他部署への渉外活動を実施して、他部署からの新卒案件の獲得の推進を行っていますよね。

カッさん
カッさん

そうですね。彼はRBセクションの営業のなかでキャリアが最も浅いものの、ビジョンにしっかりと共感してくれている貴重な存在です。自身のお客様のアルバイト・パートニーズを案件化して、自分から先に他部署に提案してみるといった彼なりの工夫もみられて頼もしいです。

I・A
あーちゃん

ワーママのなつみさんは独自のスタイルを築きあげていますね。

カッさん
カッさん

彼女自身が採用チームの一員というスタンスでお客様に入り込み、お客様の採用チームのリーダーとなってその会社の採用をつくっていっている。自分はそこまで踏み込めていない部分もあって本当にすごいなと思います。

I・A
あーちゃん

昨年、加入したアシスタントのなかこさんも皆さんの営業時間の確保や後方支援に大活躍してますね!

カッさん
カッさん

彼女は、営業の電話に聞き耳を立てたり、営業のスケジュールを見て先回りして資料を用意してくれています。お客様から直接お褒めの言葉をいただくことも。忙しい営業にとっては、先回りできるなかこの存在がかなりありがたいです。

I・A
あーちゃん

個々がしっかりと役割を持って活躍されているんですね。

カッさん
カッさん

RBセクションとしてのビジョンを理解し、大きな方向性を見失わないなかで各自が強みをしっかり持ってもらえればよいと思ってます。

I・A
あーちゃん

最後に、RBセクションの皆様からもコメントをいただいているので紹介させていただきます!

なつみさん

このセクションじゃなきゃ、もう辞めてたかも。

まず上司が、お客様の採用成功につながることなら、自由に仕事をさせてくれるスタンスであるのがかなりありがたい。一社一社とじっくり向き合えるので、お客様の採用に対して自分の介在価値を実感できる機会がとても多いです。

大学生から社会人になる時期に関わるから、選考を通して学生が成長していく姿を見られる。そこにもやりがいを感じます。お客様の成長、変化も一緒に感じられていて、ともに成長できている気がします。

ヤス

提案できる商材の幅が広く、様々な面からお客様の採用を支援していけることがRBセクションならではのやりがいです。新卒採用はインターンを含むと約1年半の長期の支援になります。

そのため、リクナビ以外にも、ホームページ、パンフレット、動画、イベント、説明会用スライド、アウトソーシングなど様々な商材をご提案できます。多種多様な課題、商材、提案に触れることができる点や、その結果、お客様との接点も多くなり、距離も近くなるため、より深い営業をしていくことができることがRBセクションで良かったと感じる点です。

大ちゃん

RBセクションは経験豊富なベテラン営業が多く、プロフェッショナルな雰囲気を感じます。

例えば、上司のカッさんは年間数千万円クラスの業界大手企業をご担当していますし、なつみさんがリクルートキャリアのイベントで表彰されていたお客様の仕事は、本当にプロフェッショナルな内容で、鳥肌が立ちました。ただ最近は、若手も増えてきており、柔らかな雰囲気になりつつあります(笑)

上司の超ハイレベルな提案を見る度に (もはやただの広告屋さんではない!) 、RBセクションで良かったなと感じます!また、ナビサイト以外(採用パンフレット、採用アウトソーシングなど)の商材をご発注いただけた瞬間はとても嬉しいですし、制作過程が楽しいです。 

なかこ(アシスタント)

RBセクションはファミリーのような雰囲気です(笑)ドシッと構えてる課長、パワフルに働くワーママ、冷静沈着なリーダー、にこやかなチーフに囲まれて毎日楽しく仕事できています!もっと役に立ちたい!みんなのために頑張りたい!って思えるセクションです!そして、何より、お客様の採用に一生懸命な営業の方々と過ごせることが刺激にもなりますし、幸せです!

アシスタントからすると営業の人数も少ないので、より近くで営業さんの仕事ぶりが見えるので刺激になります!電話越しにお客様から感謝されたときは本当に嬉しかったです!

もっと知識をつけて2年目はもっとみんなのために頑張りたいです!

取材を終えて

様々な協力会社と協業したり、商材を広げていったりということに取り組み、求人広告屋さんの枠にとらわれない関わり方をしているRBセクション。今回、マネージャーのカッさんに話しを聞き、広告だけに閉じないマニアック集団が存在することを知りました。RBセクションは5人という小さい組織ですが「採用・人事において最先端を走っていたい」という高いビジョンをもっている組織です。