第2回タイキアワードが開催。MVPと新人王が選出!

文化

こんにちは。人事部長です。

2020年1月25日、第2回タイキアワードが開催されました。過去の記事でも紹介している通り、営業、内勤問わず、素晴らしい価値を創出した従業員の仕事をコンテスト形式で共有するイベントです。

今回は、第2回タイキアワードの結果をお伝えしたいと思います。

今回からMVP表彰が2部門制へ移行

今回のタイキアワードでは、6作品のプレゼンテーション後、従業員の投票結果により、「進取性」部門と「協働性」部門の2部門でMVPが選出されました。

  • 「進取性」部門…課題を解決する上での、取り組み内容の創意工夫を評価
  • 「協働性」部門…部署内外のメンバーへの働きかけ、チーム力の引き出し方を評価

また、事前の従業員投票により、入社1年目以内の営業社員において最も活躍した人を選ぶ、「新人王」の表彰も行われました。

進取性MVPはハレタイにも関係する、このチームが

進取性MVPに選出されたのは、「ハレタイ」や各種SNSを企画・運営するタイキSHIPプロジェクトです。

「採用につながる、タイキらしいオウンドメディアを作る」を目的に、2019年2月に有志で立ち上がったプロジェクトです。当サイト「ハレタイ」をはじめ、Twitter、LINE、Instagramの企画・運営をてがけ、選考参加者の動機形成や選考会への集客などの成果をあげた点が評価されました。

協働性MVPは働き方改革を体現する、この3名が

協働性MVPに選出されたのは、FMセクションのりこさん・Mayさん・うっちーさんです。

ワーママ営業のMayさん・うっちーさんと営業アシスタントと原稿制作を担当する内勤のりこさんの協業により、残業をしなくても、業績を向上させた成果が評価されました。

初代新人王は、シェアナレ入賞者が

新人王に選ばれたのは、みのりんです。

入社以来、新規受注件数と売上の営業2指標で高い成果をあげただけでなく、新人ながら、シェアナレべスプラで入社した成果が評価されました。

最後に

2回目を終えたタイキアワード。

アワード委員長も兼任する私は、予選から、本選の投票結果まで見ていましたが、本選でプレゼンテーションした6作品は、どれがMVPに選ばれてもおかしくありませんでした。

いい仕事にこだわる文化。タイキの良さだな~と改めて実感した一日となりました。