昨年から導入された、タイキの「キャリアシート」とは?

制度

はじめまして、中途入社4年目のおぎです。

僕は普段、社員採用の営業をしているのですが、ふとした瞬間に「結局自分って何がしたいんだっけ?」とか「今のままでいいのかな?」なんて考えちゃったりするんですよね。

皆さんもそういった経験はないでしょうか?

タイキでは、そんな僕のような悩める社員を救済してくれるツール「キャリアシート」が昨年から導入されました。今回は、その制度を紹介したいと思います。

タイキのキャリアシートってどんなもの?

従業員が自分のこれまでのキャリアの棚卸を行い、Will(夢、目標)に向けての進捗を確認することができるシートです。

半期ごとの業績結果や受賞歴、査定結果まで振り返ることができるようになっています。

どうして導入されたの?

目的は大きく2つあります。

1つは、従業員一人ひとりが自身の仕事の棚卸や今後のキャリアを考える機会を意識的に創出していくこと。

もう1つは、会社、マネジメントする立場の人間が、従業員のWill(夢、目標)の実現を応援すること。

導入後の社員の反応

初めての取り組みということもあり、導入後にはアンケートも取りました。

その中にあった声を少しだけご共有させていただきます。

自分がこの仕事を始めたきっかけや、志望動機などを思い出すことができ、仕事のモチベーションを取り戻すことができた。

過去のいい棚卸ができる。過去と現在と未来をきちんと体型立てて整理できる。

…などなど。

アンケートの結果、利用者の満足度は80%。「取り入れてよかった」という意見が比較的多く見られました。

良い意見もある一方、「まだどう使ったらいいか分からない」という意見も。キャリアシートを導入したからこそ、見えてきた新しい課題でもあります。

このような声を反映させながら、改良を重ねて、従業員にとってより良いシートにしていけたらと思います。

「キャリアシート」に込められた想い

せっかくなのでこの仕組みを作りだした、人事部長にインタビューしてみました。

どういったきっかけでこのキャリアシートを導入したのでしょうか?

従業員一人ひとりが自分のキャリアを自由に選べる状態が理想です。

キャリアシートで描いたWillをFA(フリーエージェント)制度や新規事業制度を使って、
実現する従業員が出てくると、嬉しいですね。

あとは、キャリアシートがきっかけとなり、自分の市場価値を正しく把握し、社外に向けて自分をアピールできる人になり、最終的に自身のWillの実現のために、タイキを卒業する選択をしたとしても、それはそれで嬉しいことだと思っています。

あとは、社員がWill(夢、目標)の実現のためにタイキを卒業するという選択をしたとしても、キャリアシートがきっかけとなり、自分の市場価値を把握し、社外にむけて、しっかりと自分をアピールできる人材になってくれたのならそれは喜ばしいことだと思います。

とのことです。

僕としては、タイキ卒業も踏まえたキャリア支援を考えて作られていたことが印象的でした。

いろいろなWill(夢、目標)をもって働いている仲間がタイキにはたくさんいます。そんな仲間のことも今後発信していけたらと思います。どんなWill(夢、目標)を持った社員がいるのか、ぜひご注目下さい!