制作メンバー3人が運営する「良い原稿の共有の部屋」とは?

文化

こんにちは!営業アシスタントのしげです。

今までのハレタイでも、制作さんの仕事についてはアヤトさんクロイワさんが取り上げられてきましたね。

今回は制作部の3人が運営する、「良い原稿の共有の部屋」についてお伝えしていこうと思います。

まずタイキでは、社内でのコミュニケーションは、主にチャット(社内SNS)で行われています。

会社全体や、部署やチームでもチャットルームは作れるのですが、今回お伝えするのは社員全員が見ることのできる部屋、「良い原稿の共有の部屋」です。

「良い原稿の共有の部屋」とは?

世の中で話題になっている・なったことのある広告を、毎週3回、制作部の3人が選んで、ポイントを解説しつつ共有してくれるという、チャットルームのこと。

◆投稿メンバー

(月)メガネさん

(水)アヤトさん

(金)きんさん

今回は、制作部のきんさんに、部屋がうまれた背景なども含めて、色々とお聞きしてきましたよ!

人材屋でもあり、広告屋でもある。

しげちゃん
しげちゃん

制作さんとお話しする機会があまりないので緊張しますが…よろしくお願いいたします!

きんさん
きんさん

はい、よろしくお願いします。

しげちゃん
しげちゃん

早速なんですが、この「良い原稿の共有の部屋」ってどうしてうまれたんでしょう?

きんさん
きんさん
 

そうですね。制作部は、壇上に立つことを目標の1つとして持っています。壇上に立つというのは、クリコン(クリエイティブコンテスト)で受賞することですね。

しげちゃん
しげちゃん

クリコン受賞、アヤトさんがハレタイ記事でも取り上げられてましたよね。

きんさん
きんさん

そうそう。受賞できるような「評価される広告」を作るには、制作だけでなく、営業の協力が必要不可欠です。

面白い広告・少し変わった感じの原稿というのは、やはりお客様のご理解があってこそ作れます。お客様から聞けるエピソードなんかも、営業が拾ってきてくれるから原稿にも入れられたり、制作する際のヒントになったり。

「良い原稿って何?どんなもの?」という共通の認識を、営業と制作で持っていたいですよね。

だからうまれた背景としては、その共通の認識がズレないようにするため、というのが1つかな。

しげちゃん
しげちゃん

目指している方向が同じであるというのは、1つの原稿を一緒に作る上でとても重要なことですよね。

きんさん
きんさん

あともう1つ、広告に興味を持ってもらいたいというのもあります。

一緒に面白い仕事をしたいよね、っていう。協業してますから。

それに、仕事は楽しくやったほうが、クリエイティブ的にも良いですしね。

しげちゃん
しげちゃん

そうですよね。

きんさん
きんさん

僕たちは人材屋でもあり、広告屋でもある。別の観点から原稿を見る機会があると、自分の引き出しが増えたり、こういう原稿が評価されるのかと知れたり、プラスになることが沢山あると思います。「提案にこだわるタイキ」の力で、お客様満足も満たせられたら良いですよね。

しげちゃん
しげちゃん

人材屋でもあり、広告屋でもある…かなり格好いいですね。記事でも使わせていただきます(笑)

では、この「良い原稿の共有の部屋」で共有してくださる原稿を、選ぶポイントってあるんでしょうか?

きんさん
きんさん

うーん、そうですね。偏りがないように、は気をつけながら選んでます。バリエーションを持たせた上で、分かりやすいと良いな。

ロジックですごく考えられたものも良いし、感性で作られているものも良いし…

しげちゃん
しげちゃん

あるあるネタ原稿はこの間共有したから、今日はヘルプ原稿にしてみよう、みたいな感じですか?

きんさん
きんさん

そうだね。あとは、客観的な評価を得ているもの。まあ、コンテストで受賞しているとかね。

しげちゃん
しげちゃん

なるほど。

では最後に、私が個人的に気になったことなんですが…好きな原稿のタイプってありますか?変な質問ですみません…(笑)

きんさん
きんさん

そうだなあ、ちょっとおばかっぽいものとか好きかなあ(笑)

しげちゃん
しげちゃん

普段きんさんが共有してくださっている広告の中で、「あれ、そうかな」って思い浮かぶもの、あります(笑)

きんさん
きんさん

あれ良いよね(笑)

あと、言葉になってない気持ちを言葉にしている広告とか、良いですよね。

視点が面白いものや、発見性のあるものなんかも好きだなあ。

著作権の関係もあるので、きんさんの大好きな広告を詳細には書き表すことが出来ないのですが。広告って本当に面白いなあ、と改めて、わたしもきんさんとお話ししながら感じました。

そして他の投稿メンバーの2人にも質問を投げかけてきたので、その簡単なQ&Aを載せさせていただきます!

Q.共有したいなと思う「原稿を選ぶポイント」は?

A.

メガネさん
メガネさん

ターゲットやコンセプトがどうというより、単純に面白がってもらえるような原稿を選んでいます。

 

あと、週に3回も更新されるので、パッと読めるような軽さは意識しています。

アヤトさん
アヤトさん

誰が見てもパッとコンセプトやターゲットが分かりやすくて、

新人の営業さんでも参考事例として使えそうな原稿です。

Q.共有したいなと思う「原稿を選ぶポイント」ご自身の好きな原稿のタイプは?(あれば…)

A.

メガネさん
メガネさん

昔の原稿が好きです。

 

僕はよく、Tさんという方の原稿を紹介しますが、彼女を中心に、昔の制作さんの仕事からは、取材対象者への愛情や敬意を感じるのです。

 

原稿を作るための素材ではなく、世の中で生活している人間のリアルな体温が伝わって、求人っていいなぁ、って思うんです。

アヤトさん
アヤトさん

あまり知られていないマイナーな仕事を、かっこよく見せる様な原稿です。

なんだかアヤトさんのアンサーが若干クールな感じになってしまいましたが…

皆さんそれぞれ投稿文まで凝っていて、読み応えがあるんですよ。わたしは業務の合間にちょこっと覗いたり、たまに家でも読んだりしています。

営業職ではない社員も全員見れるので、わたしのようにこの部屋の投稿を楽しみにしている1人、総務経理部のHさんにもコメントをもらってきました!

大好きで毎回必ず見ています。

ほほぅ。と感心したり、ぷぷっ。と吹いちゃったりして(笑)

広告のインパクトもさることながら、どうやってこの広告が生まれたか、の解説はなんだか物語のようで時々感動してしまいます。

選んでいる制作さんの個性も感じられて楽しいですし、広報することの多い総務の立場で見ても参考になることがたくさんあります。

…だそうです。素敵なコメントをいただきありがとうございます。

本当に、さすが表現力のある制作さんだなあ、という文章なんです。

いつもいつも「良い原稿を共有」してくださり、ありがとうございます&お疲れ様です。

これからも投稿楽しみにしております!

これからタイキに入社される方、ぜひこのチャットルーム、「良い原稿の共有の部屋」を楽しみにしていてくださいね!