自分たちの組織の運営を、メンバーみんなで考える。HRキャンプとは?

文化

こんにちは!私は自分の所属している部署がとても好きなのですが、好きだからこそ「組織をよくしたい」「みんなで自分たちの部署を作っていきたい」という気持ちも強く持っています。皆さんの中にも、同じような想いを持っている方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、やっぱりメンバーだと組織づくりに対して意見を発信できる機会も限られてきてしまうこともあるかと思います。

私が所属しているHRセクション(社員採用を専門に扱っている部署)では、 そんな想いを全力でぶつけられる場として、半年に1度、HRセクションをより良い組織にするためにメンバーで意見を出し合い、議論する「HRキャンプ」というものがあります。

HRキャンプとは?

開催の、そもそもの目的を見てみましょう。

HRキャンプの目的

HRセクションのビジョン実現に対して、セクションメンバー 1人ひとりが当事者意識を持ち、一体感をもって推進できる組織を作るための「礎」を固める。

キャンプを通して、組織のことが今までよりもさらに自分事になることで、一体感が生まれるんですね。確かに、過去の開催を通じて実感する部分が多いです。

グループワーク形式で、各お題に対して議論、各チームの意見をそれぞれ共発表していきます。

ちなみに宿題も用意されていて、それに対するみんなの回答も事前に共有されるので、みんながどんなことを考えているかも、キャンプ前に知ることができます。

もちろん、議論して終わりではなく、その後きちんと集約し、組織の運営などにも反映させていくことも。毎回議論が白熱し、なかなか時間内には収まらないくらいに盛り上がります。

ちなみに、キャンプではより議論を活発に、有意義なものにするためのお約束も設けられています。

コミュニケーションルール

  • 主体性をもって臨むこと(積極的にどんどん議論に参加する)
  • 否定・批判になりすぎないように。もちろん、愚痴・文句になりすぎない。
  • どんな意見も共感し、認め合いながら進めていくこと。

当たり前のことかもしれないけれど、当たり前のことに立ち返るのってやっぱり大事ですよね。

キャンプはこれまでに、全2回開催されました。

  • 第一回(2018年8月23日開催)
    自己紹介シートを使って相互理解を深め、その後、組織の良いところ、改善できるところなどを議論。
  • 第二回(2019年2月26日開催)
    第一回のキャンプの振り返りから始まり、HRセクションの掲げるビジョン「提案のタイキブラントの確立」のために必要なことについて議論。

年次関係なく、各々が自分で考えた意見を発信していきます。「独自サービスを作る!」なんて意見も!

みんなが組織について真剣に考え意見を発しているのを見ると、「HRでよかったなあ。」と、しみじみ部署愛が深まります(笑)

また、議論の後には飲み会も。ざっくばらんに、仕事のこと、プライベートのことを話してお互いを知り、関係性が深まって、チームワークも発揮しやすくなっているのではないでしょうか。

マネージャーには、現場で日々営業活動をしている私たちの想いを尊重した組織づくりをしていただいているように思います。

第一回のHRキャンプが終わった後も、議論して終わりではなく、部署の運営に実際にすぐに反映してくれました。本当に感謝しています。

HRセクションは、自分たちの組織について自分たちで考え、自分たちで作っていくことができる環境だと思います。そしてそれを象徴するのが、この「HRキャンプ」だと思います。

次回の日程は10月を予定とのこと。詳細は未定ではありますが、今から楽しみです。