お客様にとって、自分が一番価値のある存在に。 入社5年で課長代理になったホンダさんの、キャリアアップの裏側に迫る!

はたらく仲間

「頑張って成果を出した分、きちんと評価されたい!」そんな環境を望む方、特に中途では多いのではないでしょうか。

タイキでは、成果が評価に反映され、若くても実績次第でキャリアアップを実現することができます。

実はつい最近、入社5年目で課長代理になった人も…。

今回はまさに、社歴若くして課長代理になったホンダさんにインタビュー!

このホンダさん、本当にいつもキラキラ活躍しているイメージばかりが強いのですが、今まで知らなかったアツい部分にも触れることができました。

入社直後のナンバー1と、その後の挫折。

Y・K
かんな

ホンダさんはこの7月に、入社して5年目という短さで課長代理になりましたよね。おめでとうございます!

ホンダ
ホンダ

ありがとうございます!

Y・K
かんな

ホンダさんっていつもキラキラ活躍しているイメージなのですが、入社してからこれまで道のりって、どんな感じだったんですか?

ホンダ
ホンダ

そんな(笑)結構波があって、よかった時もあればどん底みたいな時もあったよ(笑)

Y・K
かんな

意外です!2014年10月中途入社ですよね。最初はどうだったんですか?

ホンダ
ホンダ

最初はすごく順調で。アルバイト・パート系の新規がミッションだったんだけど、最初の3ヶ月で18件の新規を受注して一番になりました!

Y・K
かんな

うぇ!いきなりすごいですね。

ホンダ
ホンダ

でも、そのあと今のHRセクション(中途領域の部署)に異動してリクナビNEXTの営業活動に移ってからが難しくて。

営業の仕方が変わったことで、結果がなかなか出せなかったんだよね。半年で、リクナビNEXTの新規が1件っていうなかなかに苦しい時期を味わったよ。

Y・K
かんな

そんな時期もあったんですね。

ホンダ
ホンダ

正直、向いてないのかなとかも思ったよね(笑)新規で一番をとって天狗になっていたのもあったし。

Y・K
かんな

ほ~。そういう時期をどうやって乗り越えたんですか?

ホンダ
ホンダ

当時のマネージャーに支えてもらいながら、なんとか乗り越えたっていう感じかな。いろいろあって周りの友達より3年遅れての社会人のスタートだったから、早く追いつきたいっていうのもあって、こんな事じゃへこたれないぞって思ってたかな。

そうやって、営業の売上も1000万円の大台に乗ったっていう感じです!

「誰と働くか」に気付いたタイキでの面接。

Y・K
かんな

ホンダさんのそもそものモチベーションって何ですか?入社の経緯から教えてください。

ホンダ
ホンダ

大学時代からやっていたバンドが解散したのがきっかけです。

これが最後のバンドだと思っていたから、それを機に26歳の時に社会人になろうと思って転職しました。

バンドマン時代のホンダさん。リクナビNEXTの原稿にもなっていて、このホンダさんを見て応募した従業員もいます!
Y・K
かんな

タイキを選んだきっかけは?

ホンダ
ホンダ

人よりも社会に出るのが3年くらい遅れてしまったので、頑張りが成果として評価されやすい営業を見ていました。不動産とかも見てたよ。

Y・K
かんな

そうなんですね。決め手は?

ホンダ
ホンダ

それで言うとね、「誰と働くか」が大事っていう気づきをタイキの面接で得られたことが大きくて。それまでは、どんな仕事をするかを考えて転職活動していたんだよね。

でも、当時の営業部長をはじめ面接で会った人たちと話している中で、自分の経歴ではなく自分自身の人間性をしっかり見てくれているなと感じて。こういう上司の下で働きたいと思うようになったんだよね。

Y・K
かんな

へ~。確かに、どんな人と働くかは重要ですよね。

ホンダ
ホンダ

そう。すごく人柄もいいし、同期だけでなく、マネージャーとの距離も近いよね。休みの日に遊ぶくらい(笑)

Y・K
かんな

たしかに、それはすごく思います(笑)

入社時のモチベーションは何だったんですか?

ホンダ
ホンダ

まずは3年のブランクがあったから早く追いつきたいっていう気持ちかな。

だから、入社当初は新規の受注件数とか、数字で競えるものはなんでも一番になりたいと思ってました。当時は、そういう数字がモチベーションの9割。

Y・K
かんな

残りの1割は?

ホンダ
ホンダ

お客様からの感謝でした。でも今は、数字とお客様からの感謝が半々くらいになったよ。

Y・K
かんな

そうなんですね。

ホンダ
ホンダ

やっぱり、採用成功とお客様からの感謝がこの仕事のやりがいだよね。あとは数字といっても、自分の数字から組織の数字に変わってきたかな。前は自分個人の数字だったけど、今は自分の組織の数字に貢献したいと思ってるよ。

Y・K
かんな

おお。なにかきっかけがあるんですか?

ホンダ
ホンダ

自分が営業する中でいろいろ大変な時期もあったけど、その中で上司や先輩にすごく引き上げてきてもらったっていう経験が大きいかな。マネージャーや組織に恩返ししたいっていう気持ちが強い。

経験のない自分を拾ってもらった恩もあるし。

Y・K
かんな

かっこいいです。「誰と働くか」はやっぱり大事なんですね。

お客様にとって、自分が一番価値のある存在に。

Y・K
かんな

成果を出して課長代理になったホンダさんですが、営業として意識していることについて教えてください。

ホンダ
ホンダ

お客様にとって、自分が一番価値のある存在だと信じて疑わないことかな。お客様が他の求人媒体や代理店と検討して自分が選ばれなかったときは、逆に「もったいないことしたな」と思う。最近そう思えるようになったことでもあるんだけどね。

Y・K
かんな

キラキラを通り越してまぶしい…

これも何かきっかけがあったんですか?詳しく聞かせてください。

ホンダ
ホンダ

(笑)

きっかけは、建設系の大手のお客様を自分で開拓して、自分が担当になる前・なった後のビフォーアフターで効果をしっかりと出すことができたことかな。そういうのを何社か経験して、タイキベスプラも取って。

この業界・職種では誰よりも詳しいと言い切れる状態になりました!!

Y・K
かんな

思えるようになるまでは大変でしたか?

ホンダ
ホンダ

うーん、思えるようになったのはここ1年から1年半くらいかな。

最初は、2016年の4月くらいから大手の建設系のお客様を背伸びして任せていただいたときに、出稿が止まってしまったことがあって。業績が悲惨なことになったんだけど、いろんな経験をさせてもらった分、その経験をしっかりと生かさなきゃと思って。

任せてもらった仕事で得たノウハウを、他の仕事にも横展開しようと思って、勉強しました。

結果もしっかり出すことができたので、自然と思えるようになったよ。

Y・K
かんな

すごい。

大変な時でも、メンバーが「頑張れる」存在になりたい。

Y・K
かんな

ホンダさんのメンバーに、普段のホンダさんについての印象を聞いてみました。

  • 自身の営業目標が高くてどれだけ忙しくても、必ず相談に乗ってくれる。
  • 受注をあげると自分事のように喜んでくれる。
  • プライベートを含む、悩みごとも素直に話すことが出来る壁のない方。
  • いつもポジティブにマネジメントしてくれる。 …など。
Y・K
かんな

マネジメントする中で、何か意識していることはありますか?

ホンダ
ホンダ

メンバーとしっかり向き合いたいと思ってる。やっぱり最初はすぐに結果は出ないし、日々のKPI(Key Performance Indicator=目標達成のための指標)や、やらないといけないこと、覚えないといけないこともいっぱいだから。

メンバーと話している中で、「こうなれたらいいよね」っていう、楽しい未来が見えるようにしたい。そういう未来を見えるようにして、「何のために今やっているのか」まで話すようにしているかな。

毎日、業務の相談やお客様への提案・準備などの相談の時間があります。
Y・K
かんな

こういうマネージャーになりたいっていうのはありますか?

ホンダ
ホンダ

今のこの仕事が楽しいというところまで早く連れていきたい。

最初は結果も出なくてしんどいことの方が多いと思うけど、4~5年経つと、選んでもらえる、とか、役に立てている、っていうやりがいを感じられるから。

Y・K
かんな

そこまでが大変ですもんね。

ホンダ
ホンダ

だから、この人のために頑張りたいと思ってもらえるようなマネージャーになりたいかな。自分もマネージャーに支えられて頑張れたし、恩返ししたいと思うようになったし。

楽しいって思ってもらえるよう、全力でサポートします!

Y・K
かんな

ありがとうございました!

結果を出す喜びも、結果が出ない苦しみも、共感して導いてくれるメンバー想いのホンダさん。

ホンダさんが「お客様にとって、自分が一番価値のある存在であると信じて疑わない」と断言できるまでには、お客様のためにすごく汗を流してきたんだろうな…と思います。

そんなふうに、お客様のために汗を流せる人がタイキにはたくさんいます。そして、そういう人が成果を出してキャリアアップを実現しているのがタイキなんだろうなと思いました。

次回もお楽しみに。

はたらく仲間
かんな

新卒入社4年目で、主に社員領域の採用をお手伝いしています。趣味は喫茶店に行くこと、お菓子を食べること、散歩と読書。座右の銘は「好奇心を人任せにするな」。よろしくお願いします!

かんなをフォローする
\ この記事をシェアする /
ハレタイ